お問い合わせ
認知症相談室 認知症の基礎知識 認知症のケア 介護コラム 介護ニュース 施設の事例 リンク
トップ > 認知症の基礎知識 > 認知症の現状と将来推定
認知症の基礎知識 認知症のメカニズムや症状などはこちら
認知症の現状と将来推定
1.高齢者・認知症の現状
2.認知症の分布図
物忘れと認知症の違い
認知症の症状・病状・メカニズム

認知症の現状と将来推定1.高齢者・認知症の現状

日本における認知症は、ますます増えていきます。
「2005年(平成17年)の国勢調査」に基づく「2055年までの将来の人口推計」によると合計特殊出生率が1,26、平均寿命が男83,67歳、女90,34歳へ伸びるとされ高齢化率が約40%となるといわれる。

現在の支え手側と支えられる側の比率が3人で1人を支える形だったのが、1,2人で1人を支える(20歳から64歳で支える)超高齢化社会を迎える。
現在の高齢化率は すでに20,8%となっている。




2015年には「ベビーブーム世代」が高齢期に達し、2025年にはさらに後期高齢者を迎え3500万人に達する。

一人暮らしの高齢者の方が増え、以前のように身体ケアだけでなく認知症の発症が320万人の9,3%に達するくことから 認知症への対応が重要視される。


前のページへ戻る  このページの先頭へ

高齢者の急速な増加

その認知症というのは実は 症状名でありその中でももっとも頻度の高い原因は アルツハイマー型認知症です。次に多いのが脳血管性認知症です。これは血管の異常が原因で起こる認知症です。さらにレビー小体型認知症や前頭側頭型認知症があります。現在、要介護認定者のおよそ2人に1人は認知症である。

以下の分布図のようにアルツハイマーが認知症の原因としては多いが、治療可能な認知症もあることから、早期発見がとても大切です
前のページへ戻る  このページの先頭へ


認知症ケアの基本

前のページへ戻る  このページの先頭へ
[ トップ | 認知症相談室 | 認知症の基礎知識 | 認知症のケア | 介護コラム | 介護ニュース | 施設の事例 | リンク ] サイトマップ
認知症ねっとの記事・写真・カット等の著作権は、認知症ねっとに帰属してます。当サイトに掲載されている情報は、著作権者に無断で転載・複製等を行うことはできません。Copyright (C) Ninchisho.net.All rights reserved.